美容皮膚科の施術

美容皮膚科での施術と聞くと、どんな治療が行われるのかと疑問に思われる方も多くおられることでしょう。美容皮膚科で行われる治療とは、メスを使ったもの、レーザー治療や注射を使った治療、内服薬を処方する治療等、患者の方の希望内容によって方向性が決まります。しわ、しみ、ほくろ、ほうれい線、たるみ、リフトアップ、肝斑、痩身等、治療内容は人によってそれぞれですが、美容皮膚科ではあくまで医療行為としての「治療」という立場で、患者さんと向き合い、治療の提案・説明が行われます。これに似た施術を行うエステサロンとの大きな違いは、エステサロンでは医師免許を持たないスタッフが施術を行う為、安全設計の機械を用いたり、どちらかと言えばリラクゼーションに重きをおいた「サービス」が行われます。カウンセリングの際も、契約内容、料金等、提供するサービスの説明になります。対して美容皮膚科の場合は、あくまで治療として、患者の抱える悩みや希望を聞いた上で、治療プランの提案をしてもらえます。ここにエステサロンと美容皮膚科の大きな差がありますので、利用される際にはよく理解して納得してから選択するようにしましょう。

最近美容皮膚科でよく施術されている治療の一つに、ヒアルロン酸注入があります。名前はよく聞くようになりましたが、実際にどのような治療が行われるのか、また、ヒアルロン酸とはどんな成分なのか、これから治療を受ける方の為に説明をします。