美容皮膚科の利点

ヒアルロン酸注入のしわ取りについて、そのメリットはやはりわずか10分程度の治療時間で直接注入してしわを隆起させるという即効性にあります。その場でダイレクトに改善されますので、すぐ確認して高い満足感を得ることができます。ヒアルロン酸注入をすることで、真皮の内側から肌を隆起させ、しわの溝を薄く改善させます。注入箇所はお肌がぷっくりとボリュームが出て、明らかにわかりやすい見た目の変化があります。鼻や口びる横のほうれい線や、眉間の皺、あるいは加齢による頬のこけった部分等、人によって注入部位は異なります。

顔や体にヒアルロン酸注入をすると聞いて、体への影響を心配される方も多いと思われますが、もともと体にある成分なので、特に心配はありません。また、美容皮膚科のメリットとして、医療資格を持つ医師による施術の為、万が一トラブルが起こったとしても、即対応してもらえる点が挙げられます。エステサロンで美肌ケアの施術を行う場合、国家資格を持つスタッフが行うワケではありませんので、トラブル対応にもやや疑問が残りますが、美容皮膚科では迅速な対応が望めますので、皮膚について改善したいと思われている方は、サロンよりも美容皮膚科へのご相談が有効です。

ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸とは、もともと人の体の中にある成分であり、皮膚に存在してコラーゲン組織を保持し、柔軟性、弾力性を備えた保湿保水成分になります。本来人の体にある成分の為、無害でアレルギーを引き起こすこともありません。真皮の三大要素であるコラーゲン、エラスチンと共に、ヒアルロン酸は潤いとハリを肌に与える大切な成分になります。

このヒアルロン酸注入とは、主にしわ取り、皮膚に膨らみをもたせる為に治療に用いられます。ヒアルロン酸注入の際に使われるのは、透明なジェル形態のもので、注入することで、もともと体内にあった自身のヒアルロン酸と融合し、しわの隆起や皮膚を膨らませて若々しく見せる働きがあります。あるいは、くぼみのある部位に注入し、くぼみをお仕上げて肌を平らにするという治療方法もあります。

ヒアルロン酸注入の多くは、しわや膨らみをもたせることに用いられ、その即効性が魅力となっています。注入したその場で効果が目で見える為、変化がわかりやすく人気の治療法です。ただし、体内にある成分であるがゆえに、成分が徐々に吸収されてしまいます。つまり、持続性に乏しく、再び元に戻ってしまいますので、おおよそ3ヶ月毎に注入する必要があります。

美容皮膚科の施術

美容皮膚科での施術と聞くと、どんな治療が行われるのかと疑問に思われる方も多くおられることでしょう。美容皮膚科で行われる治療とは、メスを使ったもの、レーザー治療や注射を使った治療、内服薬を処方する治療等、患者の方の希望内容によって方向性が決まります。しわ、しみ、ほくろ、ほうれい線、たるみ、リフトアップ、肝斑、痩身等、治療内容は人によってそれぞれですが、美容皮膚科ではあくまで医療行為としての「治療」という立場で、患者さんと向き合い、治療の提案・説明が行われます。これに似た施術を行うエステサロンとの大きな違いは、エステサロンでは医師免許を持たないスタッフが施術を行う為、安全設計の機械を用いたり、どちらかと言えばリラクゼーションに重きをおいた「サービス」が行われます。カウンセリングの際も、契約内容、料金等、提供するサービスの説明になります。対して美容皮膚科の場合は、あくまで治療として、患者の抱える悩みや希望を聞いた上で、治療プランの提案をしてもらえます。ここにエステサロンと美容皮膚科の大きな差がありますので、利用される際にはよく理解して納得してから選択するようにしましょう。

最近美容皮膚科でよく施術されている治療の一つに、ヒアルロン酸注入があります。名前はよく聞くようになりましたが、実際にどのような治療が行われるのか、また、ヒアルロン酸とはどんな成分なのか、これから治療を受ける方の為に説明をします。